今さら聞けない、LEDの最大の特徴と寿命について

そもそもLEDとは何か?

LEDとは、Light Emitting Diodeの頭文字を取っていて、日本では発光ダイオードと訳されています。構造について専門的な話をしますと、PN接合と呼ばれる仕組みの半導体からできており、そこに電流を流すことによって接合面で正負の電荷を打ち消しあい、その時に余ったエネルギーが光エネルギーに変換されて発光しています。また、LEDは使う素材により発光する色を変えることが可能であり、用途によって素材を変え、様々なところに使用されています。

LEDを使用することのメリットについて

LEDを使うことによるメリットは数多く存在します。その中でも一番は、なんといっても消費電力が白熱電球の約1/10なので、電気代が大幅に節約できると言う点ですね。次に環境面です。LEDは、CO2の排出量が非常に少なく、素材に水銀も使用されていないため、環境にも優しいのです。そして、電圧に対しての反応が非常に速いため、点灯した際に瞬時に最大の明るさを出すことが可能になっています。また、紫外線を出しませんので、美術品が照明焼けしにくいというのも特徴のひとつと言えるでしょう。

LEDの寿命について

LEDは他の電球類と比べ、寿命が非常に長く、その寿命は半永久的と表現されることもあります。(厳密には蛍光灯の約4倍で、4万時間ほどと言われています)ゆえに、24時間常につけっぱなしにしていても連続で約1600日以上は交換の必要がないということになりますので、1日1時間しかつけなかった場合には、半永久的と表現されても納得できますよね。また、ON・OFFを頻繁に行っていても寿命が縮むことはないとされています。

ledパネルにふんだんに使った家電製品は、明るさや性能が優れていることから、ここ数年のうちに購入者が増えています。